『楽ちん!半衿付け講座』へ参加しました。

吉澤先生の教室にて、一級和裁士の東郷先生に習う『楽ちん!半衿付け講座』へ参加してきました。

 

今まで半衿付けを教わったことはなく、時間はかかるのに仕上がりは満足のいくものではありませんでした。

ところが、なんということでしょう!!!

私でも、柄もキレイに、ぴしっと半衿をつけることができました。ムダな労力は使っていないので、丁寧につけても楽に感じました。

キモノモダンの正絹ふくれ織りお半衿の「祈り」という柄の半衿です。すでに2回自分で洗っていたいたのですが、柄がゆがむことなくつけれました。(正絹の半衿の洗い方洗は、たかはし着物工房の高橋和江さんの本を参考にしています。)

f:id:Juka:20160513184230j:plain

特に、着た際のカーブに沿うようにマチ針を刺していく方法が目から鱗でした。半衿がぽこっと浮いてしまうのを防ぐために、コツがあったんですね…!

実際に縫っているときの手の動かし方もアドバイスをいただき、スムーズに針を運べるようになりました。感激です。

f:id:Juka:20160513184352j:plain

講座の始めに、仕事で普段されている半衿付けの仕方を見せていただきました。早い!美しい!プロの技です。

その後、楽ちんな半衿付けの仕方を教わりました。

姉弟子のユカリさん、着付けの生徒さん、そして吉澤先生もご一緒にワイワイ楽しい半衿付けでした。

半衿付けを普段からしている方でも、「楽ちーーーん!すごーーーい!」という歓声が上がっておりました!

 

その日の東郷先生は白のお着物に野いちごの帯という爽やかで可愛いコーデでした♡着たときにキレイな半衿付けが教えられるのは、先生自身が和装をされるからだとわかりました。

 

こちら姉弟子のユカリさんの半衿付け講座のブログ記事です。東郷先生とユカリさんの笑顔が可愛いです♡

実はその日の朝、大阪駅の人混みでキレイな着物姿の女性を発見し、追いかけたらユカリさんでした♪♪

 

ユカリさんには、同じく姉弟子のハルミさんと大阪のディープな純喫茶・マヅラに連れて行っていただきました!ハルミさんは、赤い着物に博多織の帯のコーデが凛として綺麗でした♡

着物美人なお二人とバブリーな純喫茶!着物の話に花が咲き、贅沢なひとときでした(*^^*)