お茶のお点前もメタ認知!?

二十四節気「大雪」の昨日、お茶のお稽古での発見。
お茶のお点前も、うまい人は第三の目が自分の動きを俯瞰しているのではないかということ。
自分を客観視する、いわゆる「メタ認知」ですね!?

昨日は「立ち座り」と「空間を広く感じさせる動き」に気をつけてお稽古しました。
これまで「立ち座り」を意識できていなかったので、気をつけたいです。

掛物は「無事」の二文字に柚子が描かれたもの。無事に年の暮れを迎えられることへの感謝の気持ちを感じました。
茶花は白玉椿。
お菓子は「銀杏」をかたどった、外郎でみそあんを包んだもの。おいしい??

写真は先週のお菓子で「椿」です。先輩にいただいたお懐紙がかわいかったです??