藤井絞ファン倶楽部パーティー第一部

京都の藤井絞さんのファン倶楽部京都支部発足記念パーティーへ行ってきました!

 

大正4年創業で昨年創業100周年を迎えられた藤井絞さんは、絞り染め呉服の製造・卸の問屋さんです。絞り染めのみを扱っている問屋さんは今は少ないそうです。

藤井絞さんの社屋は美しい京町屋で、京都市による“京都を彩る建物や庭園”に認定されているそうです。

京都を彩る建物や庭園

祇園祭宵山の時期に行われる屏風祭では、社屋を一般公開されているそうです。ぜひともまた訪れたいです…。

屏風祭 | 祇園祭2016 GION-MATSURI by京都で遊ぼう

 

2階へ案内していただくと、色とりどりの絞り染めの商品が展示されていました。

雪花絞りや板締め絞りの華やかなゆかたの反物♡

https://www.instagram.com/p/BHHKPt_gDMw/

f:id:Juka:20160627174723j:image

f:id:Juka:20160627174739j:image

雪花絞りのゆかたの誕生までのお話、全国的に有名になるまでのお話を聞かせていただきました。

f:id:Juka:20160627175148j:image

お話をしてくださる藤井社長。

f:id:Juka:20160627175408j:image

2007年に表紙を飾った七緒。

 

藤井絞さんと雪花絞りのお話は、藤井絞さんのこちらのブログでご紹介されています(*^^*)

雪花絞に出会えて | 藤井絞のブログ

 

https://www.instagram.com/p/BHHKrSpASyE/

京鹿の子絞りの技法の説明もしてくださいました。

 

京都の伝統を守りながら、新しいデザインの絞り染めを生み出している藤井絞さん。

美しい反物に囲まれてパラダイスー♡な気持ちだったのですが、知れば知るほど凄さに圧倒されました。とっても勉強になりました!

 

この後、京洋食まつもとさんへ移動し、パーティーです。出会った時から笑いを取りまくる、只者ではないお姉さんの正体は!?なぜ藤井社長は白いお着物をお召しなのか!?続きます!

 

余談ですが…絞り染めについて調べていて発見!百人一首在原業平による歌、「ちはやぶる神代も聞かず竜田川韓紅にみずくくるとは」の「くくる」は「括る」=「絞り染め」のことだそうです。川が紅葉の落ち葉で真っ赤に染まった様子を、絞り染めの美しさに例えたそうです。百人一首にも詠まれていたんですね〜。

 

七緒vol.46では藤井絞さんが紹介されています♪吉澤先生も藤井絞さんの雪花絞りのゆかたをお召しです♡